読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネイティブキャンプでおうち留学!ママも子供もバイリンガル!

子供を絶対バイリンガルに育てたい! オンライン英会話のネイティブキャンプは低料金でレッスン受け放題! 毎日英語を話す時間が作れるからおうち留学できちゃう♪ 子供もママも毎日英語でバイリンガルになっちゃおう★ バイリンガルキッズ3人を持つママが綴るブログです。

英語苦手なママがバイリンガル育児の必須表現を学べるネイティブキャンプの教材は?

こんにちは☆彡

 

バイリンガル育児アンバサダーのさとみんです。

 

バイリンガル育児と一言に言っても、

お子さんの年齢によってステージはさまざまあります。

 

生まれたての赤ちゃんに語りかける英語のフレーズと、

5歳の子供相手に話す英語のフレーズはもちろん違います。

 

とはいっても、バイリンガル育児はやっぱり「育児」なんですよ。

普段、日本語での育児で、子供にいうような言葉を英語で言うだけです。

 

朝から晩まで日本語での育児の場面を思い出してください。

 

小さな子供相手には、日本語でもシンプルな表現しか使わないのではないでしょうか?

「未来完了形」「過去完了形」がどうのだとか使いませんよね?

 

英語だって同じです。

小さい子供が理解できるようなシンプルで短いフレーズを使います。

 

今日は、バイリンガル育児をするときに必要なお役立ち文法が学べる

ネイティブキャンプの教材についてご紹介します。

 

基礎的な英語の知識がすでにあるママは、

このコースからのスタートがおすすめですよ♪

 

 

f:id:sunshinemum:20160919112559j:plain

バイリンガル育児に必要な必須表現はこの教材で学べる!

英語が苦手なママでも、バイリンガル育児をしたい!

そんなママにおすすめなネイティブキャンプの教材は、

『文法の初級』です。

 

基礎的な文法を学ぶことをゴールとしたコースです。

英語が苦手だったり、かな~り前に学生時代に勉強したきりだわというママは、

このコースがおすすめ!

全70レッスンですので、ボリュームはありますが、

日常生活にかかわる表現を学ぶにはぴったりの教材ですよ。

 

では、どんな内容なのか少しみてみましょう!

 

ネイティブキャンプの『文法』初級をのぞいてみよう!

 

f:id:sunshinemum:20160919100754j:plainf:id:sunshinemum:20160919101058j:plain

f:id:sunshinemum:20160919101710j:plain

f:id:sunshinemum:20160919101146j:plain

f:id:sunshinemum:20160919101220j:plain

f:id:sunshinemum:20160919101249j:plain

全70レッスンの中で、

最初に学ぶ可算名詞、不可算名詞は子供がよく間違うポイントでもあるので、

しっかりとマスターしておくと、子供の言い間違いを正すときに

とても役立ちます。

日本語にない概念なので最初少し戸惑いますよね。

 

レッスン6の日常生活では、

朝、昼、晩の生活について学びます。

着替える、歯を磨く、お風呂に入る、寝るなど育児にも必要な表現を

学ぶことができますよ。

 

レッスン9の感情は、

どうしたの?悲しい、うれしいなど、

こちらも育児の場面で必要な感情表現について学ぶことができます。

 

レッスン19の知覚動詞なんて、え?知覚動詞ってなんだっけ??

という方も少なくないかもしれませんが、

これ、バイリンガル育児ですごくよく使います。

look,sound,taste,feel,seemなんてのがそうですが、

「疲れてるみたいだけどもう寝ようか?」と言ったり、

「とっても眠そうね」と言ったりする場合、この知覚動詞の出番です。

 

レッスン38の誰かに頼みごとをするというレッスン内容は、

まさに、育児は、子供に~してくれる?と聞く場面の繰り返しですよね。

お手伝いの場面で大活躍です。

「このお皿をテーブルにおいてくれる?」

「これ、持っててくれる?」など、子供に頼みごとをした経験はありますよね。

こんなとき、大活躍の表現が学べます。

 

レッスン39~43では、should,mustを中心に、

禁止ややるべきこと、やるべきでないことといった【しつけ】の場面で

必要になる表現を学びます。

「ここに上ってはいけません」

「食べる前に手を洗わないとだめだよ」

「お友達を叩いたらだめだよ」

日本語でも、やっていいこと、だめなことを教える場面がありますね。

そんなとき、英語で何というのか学ぶことができます。

 

レッスン64のしたいこと、したくないことは、

子供に、「今日は何する?」

「これはやりたくないの?」と希望を聞く場面で活躍する表現です。

 

レッスン68、69の感謝、謝罪は、育児には必須表現ですよね。

~してくれてありがとう。さっきはごめんねなど、

ママが使うことで、子供にもぜひマスターしてほしい

「ありがとう」と「ごめんなさい」を学びます。

 

どうですか?

どれも、育児で使う!使う!という表現ばかりではないでしょうか?

 

バイリンガル育児に必須の表現を学ぶことができるのが、

この『文法』初級です。

 

実際の『文法』初級のテキストをのぞいてみよう!

ここで、取り上げたのはレッスン19の知覚動詞のテキストです。

この知覚動詞は、本当にバイリンガル育児に必須表現!

 

朝起きてから寝るまで、~に見える、~のようねって

頻繁に使いませんか?

「顔色がよくないわね」

「もうおねむの時間ね」

「ごきげんね」

 

子供の様子を言葉に出して伝えるということは、

ママは1日を通して、やっていますよね。

 

そんなときに、大活躍の表現をこんなテキストで学びます。

 

f:id:sunshinemum:20160919110925j:plain

f:id:sunshinemum:20160919110946j:plain

f:id:sunshinemum:20160919111004j:plain

まとめ

ネイティブキャンプの教材、『文法』初級は、

70レッスンもあるので、すべてを紹介することはできませんが、

英語が苦手な人、超初心者を対象に

基礎的な文法、単語をマスターすることを目標に作られています。

 

育児に必要な表現が、この初級レベルの文法に

こんなに盛りだくさんなのは意外でしょうか?

 

いやいや、つまり

バイリンガル育児に必要なのは、

初級レベルの英語で十分ということなんですよ。

 

英語がもし、苦手だとしても、

子供をバイリンガルに育てることはできる。

 

そして、ほんの少しの努力で、

英語が苦手な自分から卒業することもできる。

 

ネイティブキャンプのテキストは、

とても見やすく作られているのでテキストを見るだけで

頭が痛くなる~なんてこともありません。

 

バイリンガル育児を目的に

ネイティブキャンプを始めるならおすすめ教材は

『文法』初級ですよ♪

 

 

英語が苦手でも、バイリンガル育児はできるんです。