読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネイティブキャンプでおうち留学!ママも子供もバイリンガル!

子供を絶対バイリンガルに育てたい! オンライン英会話のネイティブキャンプは低料金でレッスン受け放題! 毎日英語を話す時間が作れるからおうち留学できちゃう♪ 子供もママも毎日英語でバイリンガルになっちゃおう★ バイリンガルキッズ3人を持つママが綴るブログです。

小学校留学を目指すならネイティブキャンプで英語力鍛えておこう!

ネイティブキャンプで子供をバイリンガルに!

 

こんにちは!

 

バイリンガル育児アンバサダーのさとみんです。

 

 

我が家の息子は、オーストラリアではYear2

日本でいう小学校2年生です。

 

現地校に通っているのですが、

うちの学校は、留学生を受け入れている小学校です。

 

すべての小学校が、

留学生を受け入れているわけではないのですが、

たまたま、留学生を受け入れている学校だったんです。

 

日本からの留学生も、毎年います。

 

 

小学校での留学ってどうなのって気になるママも多いんじゃないかな?

 

今日の記事が、

オーストラリアへの小学校留学を考えている方の参考になると

うれしいです。

 

f:id:sunshinemum:20161105212723j:plain

オーストラリアの小学校ってどんな感じ?

キンダーガーデンからYear1~6までの7年間通います。

 

キンダーガーデンは、日本の幼稚園年長。

その年の7月31日までに5歳になる子供が入学します。

 

キンダーガーデンは、幼稚園というより

入学準備クラスという位置づけで

 

アルファベットはもちろん、

算数もやります。

 

キンダーガーデンは、4~6歳の子供が

入学します。

 

その判断は、各家庭で

よし、うちの子はOK!と思えば

4歳で行かせるところもあるし、

 

ぎりぎりまで遅らせる家庭もあります。

 

4歳でも、6歳でも同じように算数も

運動も、英語もやるんですから、すごいですよね。

 

この時期の1年半は、発達にかなり個人差があるので

4歳さんと、6歳さんは見た目にも明らかに

体のサイズが全然違う。

 

我が家は、上2人とも5歳で入学しました。

 

オーストラリアの小学校は、

のびのびとしているなという感じです。

(ゆるすぎる?!と感じることもありますが・・・)

 

日本からの留学生で、一番多い学年は?

今まで、何人か留学生をみてきましたが、

キンダーガーデンの子はいませんでした。

 

一番多かったのは

Year1(1年生)

Year5(5年生)

 

1年生で留学するメリットは、

周りもまだ英語がばりばりというわけではなく

 

みんなネイティブとはいえ、

それほど英語力に差がないので、

 

英語が話せない日本人がいても全然OKという空気感!

 

実際に、日本人家庭で育った子供が

まったく英語が話せずに入学するケースがとても多い。

 

中国人の子供が、中国語しか話せないというパターンも多いですし。

 

それでも、大丈夫!!なのが、

Year1(5~7歳)くらいの年齢なんでしょうね。

 

Year5で留学するメリットは、

日本語がすでにしっかり出来上がっているので、

英語を第2言語として、体系的に学べること。

 

ですが、最初の数週間、数か月はしんどそうです。

この年齢って、初対面でフレンドリーに仲間に加わるって

難しいですよね。

 

しかも英語ぺらぺらのネイティブの輪の中に

英語がまったく話せない日本人がぽーんと入っていく

 

勇気が必要になる。

 

 

自分から、留学したい!って決めてきた子供と、

 

親から言われてしぶしぶ来た子供では、

 

自分から輪の中に入っていこうとする気持ちの強さが違う。

 

 

 

そして、その気持ちの強さこそが、

 

留学を成功へと導くかの分かれ道。

 

 

f:id:sunshinemum:20161105212908j:plain

オーストラリアの小学校への留学期間はどのくらい?

短いお子さんだと2か月。

 

長い方は3年以上だったり。

 

だいたい1~2年くらいが多いですね。

 

 

学校側としては、

短期よりも、1年を目安に来てほしいという感じだそうです。

 

確かに2か月じゃあもったいない気がします。

やっと慣れてきて、さあいまから!というときですから。

 

オーストラリア留学の費用の目安は?

単純に、公立校の授業料だけで

年間100万くらいが目安です。

 

オーストラリアの公立校は、

日本と同じく義務教育なので無料ですが、

 

教材費や学校運営費、寄付、スポーツ費用などは

かかるので

 

我が家は

年間200~300ドルくらい払っています。

 

学校によっても違うんです。

 

スイミングレッスンがないところもあるし、

毎年のところもあるし、

Year2だけ1回あるとか、さまざま。

 

スイミングがあれば、追加でお金を払いますし、

スポーツは、タームごとに

ダンスや、サッカーやなわとびなど企画されて、

それもまたお金の請求がきます。

 

だいたい$40くらいです。

 

留学費用で意外にかかるのは生活費!

オーストラリアへ小学校留学するときに

たぶんびっくりされるのが、物価の高さです。

 

ほんっとに、高いですよ?

日本でたまご1パック77円とか、セールだとありますよね?

こちらだと、$4くらいはかかります。

それでも安いほう。

 

サーモン2切れで$10とか魚も高い。

 

安いものは、乳製品、果物、お米かな。

 

外食は、本当に高くておいしくないものがたくさん。

日本で100円回転すしなんて、もうテーマパークにきたかのような

気持ちになります。

 

滞在する家賃もかなりかかりますから、

生活費はかなりかかると思います…

 

正直に、オーストラリアの小学校留学はおすすめか?

答えは、

 

YES!

 

やっぱり語学の習得は、低年齢のほうがいいという理由よりも、

英語力がなくても、

学校での勉強がまだ難しくないので、

 

英語だけに集中して

留学期間を過ごすことができるから。

 

期末テストもないですし、

落第もありません。

よっぽどひどいときは、同じ学年をリピートというのは

まれにありますが・・・

 

大学で留学するときのような切羽詰まった感がないです。

 

私は、大学留学も、大学院の一歩前のコースの留学も経験しましたが、

英語を学びに来てるんじゃなくて、

 

英語なんてできて当たり前!!

 

授業わからなかったら、単位とれないよ??

 

というプレッシャーがすごかったです。

自由時間も、予習復習を必死でやらないと

ついていけなかったし、

 

英語が全然わからない日本人と友達になりたいなんて

ネイティブは、よほどの親日家だけ。

 

自分からどんどん声をかけないと、

友達もできない。

 

でも、小学校留学って

そんな雰囲気じゃない。

 

先生も優しいし、

友達も、すぐにできる。

 

幼い子供たちは、あっという間に英語を吸収して、

いつの間にか、ネイティブの子供とも英語で会話ができるようになってる。

 

英語がつらくない。

ううん、英語って楽しい!というきっかけになると思います。

 

そして、何より、

 

本当に、英語ぺらぺらになって帰れますよ。

1年いたら確実に。

 

やはり、お金はかかりますが

国際経験をさせて、生の英語を学ばせたいなら

 

小学校留学おすすめです。

 

f:id:sunshinemum:20161105212948j:plain

留学効果を最大にするには、英語の準備をしっかりと

せっかく何百万もかけて留学するのなら、

 

いつかは留学させたいと思うのなら

 

英語力は、できるだけ鍛えておいたほうがいい。

 

英語環境にきたら、

いやでも英語力は伸びるけど

 

最初からある程度できたほうが

濃い留学生活を送ることができる。

 

英語力の目安としては、

自分の気持ちが相手に伝えられる程度。

 

相手との意思の疎通が図れる程度の英語力はあったほうが

最初がつらくないです。

 

だいたい日本人の留学生は

日本人のハーフの子など、日本語ができる子供がいるクラスに

いれてくれるケースが多いですが、

 

日本人が少ない地域もありますし、

学校によってもさまざま。

 

誰一人日本人がいないという可能性もあります。

 

長男の学校では、

5年生で留学してきた女の子に、

 

自分もオーストラリアに来て2年目の日本人の男の子が

あれこれと通訳をしたり、

友達の輪に入れるよう気を使ってあげたりしていました。

 

 2年目で、だれかに通訳してあげられるレベルになるって

子供ってすごい!

 

小学校留学準備としてのネイティブキャンプ

いずれ、小学校留学をしようと思っているなら

できるだけ、子供が英語を話す時間を作ってください。

 

英語を話すことが特別なことではなく、

日々の日課になるように。

 

1日に何回受けても無料のネイティブキャンプは

英語を話す時間を増やすのにぴったりです。

 

予約なしですぐにレッスンができるので、

スキマ時間をうまく活用して、

「今、英語を話したい!」という場面でもすぐにレッスンを受けられます。

 

オンライン英会話はたくさんありますが、

レッスンが24時間受け放題で

月額4950円は、ネイティブキャンプくらいなもの。

 

留学準備のために、

英語を話す時間を少しでも確保したいなら

ネイティブキャンプがおすすめです。

 

公式サイトネイティブキャンプ