読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネイティブキャンプでおうち留学!ママも子供もバイリンガル!

子供を絶対バイリンガルに育てたい! オンライン英会話のネイティブキャンプは低料金でレッスン受け放題! 毎日英語を話す時間が作れるからおうち留学できちゃう♪ 子供もママも毎日英語でバイリンガルになっちゃおう★ バイリンガルキッズ3人を持つママが綴るブログです。

【小学生編】ネイティブキャンプでレッスン受け放題!1週間単位でレッスン数確保!

こんにちは!

バイリンガル育児アンバサダーのさとみんです。

 

前回、前々回の記事で、

幼稚園児編、専業主婦ママ編のネイティブキャンプの

レッスン受け放題スケジュールを書きました。

 

子供をバイリンガルにするための英語教育は、

小学生が大本命かもしれません!

 

この時期は、他人とのコミュニケーションがとてもうまくなっているので

幼稚園児のように、気分に左右されることなく、

英会話レッスンを継続できるメリットがあります。

 

目標は、小学校高学年までに、英語でコミュニケーションがとれること。

簡単な会話はできるようになりたいですね!

 

さぁ、子供に英語という自由の翼をプレゼントしましょう!

 

f:id:sunshinemum:20160927092614j:plain

小学生のレッスン受け放題は、平日は1日1回!

幼稚園児にくらべると小学生の朝は早いですよね。

7時すぎには、家を出る場合が多いのではないでしょうか?

 

そうなると、朝、学校へ行く前のレッスンは厳しい。

 

そこで、平日は1日1回のレッスンを、放課後に受けましょう。

子供が帰宅後、ほっと一息ついたら、25分のレッスン!

 

放課後のレッスンのメリットは、1日の出来事をフリートークで話しやすいところ。

今日は、こんなことがあったよ。

給食はこんなものがでたよ。

今日一番楽しかったのは、これだよ。

と、自分のことを話すネタがたくさんあります。

 

講師は、うんうんと熱心に聞いてくれるので、

子供はとっても嬉しいものです。

 

英語レッスンを続けるコツは、子供が楽しい!好き!って

思えることなので、1日の出来事を熱心に聞いてもらえることは、

自分に興味を持ってくれている!と感じることができます。

 

自分に興味を示して、しっかり話を聞いてくれるということを

楽しいと感じてくれたら、毎日のレッスンが楽しい習慣になります。

 

ぜひとも、フリートークが上手で、ポジティブな講師を

見つけられるといいですね!

 

平日の放課後のレッスンは、ぜひキッズコースの教材を利用して

しっかり英語に触れましょう。

 

平日にレッスンを受ける時間を、5時ごろを目安に受けられるとしたら、

寝る前に15分程度の短いレッスンを受けることが可能な場合もあるかもしれませんね!

 

その場合は、その日に習った内容の復習としてのフリートークを

お願いしてもいいですし、

明日、どんなことをする?というお話のフリートークでもいいですし、

スマホやタブレットで、さっと短めの2回目のレッスンが受けられるとなおGoodですね。

 

小学生のレッスン受け放題!週末は合わせて4回を目標に。

平日は、習い事もあるでしょうし、1日1回のレッスンがぎりぎりだと思います。

場合によっては、毎日できない場合もあるでしょう。

 

そんな場合は、週末のレッスンで補いましょう。

1週間というスパンでレッスン数を確保することを目指します。

 

週末なんとか土日それぞれ2回ずつ、1日50分確保できないでしょうか?

テレビを見ると、1時間なんてあっという間に過ぎてしまいます。

その時間を、英会話レッスンにあてることができたら...

 

平日5回+週末4回(土日2回ずつ)ですと週に9回。

1か月にすると、36回も受けることができます。

 

週に1回英会話レッスンを受けるタイプのスクールと比較しても、

月4回に対して、ネイティブキャンプなら36回で4950円!

すごいですよね!

 

まとめ

子供が、ちょっとした空き時間に、

「ママ、スマホで英語してもいい?」なんて聞いてくれるようになったら

いいですね。

楽しいことは、続きます。

 

ママが、

「ほら!レッスンだよ!」

「毎日レッスンする約束でしょ?!」

と、子供を追い立てることのないように、

 

子供から英語話したい!と思えるポジティブな雰囲気づくりを

心がけましょう。

 

レッスンスケジュールが軌道にのるまでは、

教材中心ではなく、フリートークで子供の好きなことを

話すレッスンにしたり、英語でゲームをしてもらったりと

レッスンって楽しいな!って思ってもらえるように工夫してみましょう。